「経世済民」同好会  -HatenaBlog支部-

経済とはそもそも略語であり正しくは「経世済民」と言います。それは「世よを經をさめ、民たみを濟すくふ」つまり、民を救うことが含まれます。「経済」とは私たちが救われてこそなのです。 経済成長のために私たちが犠牲を払うことはないのです。そんなことを様々な角度から訴えていこうという有志による同好会です。記事は複数人がそれぞれ好きなように書くスタイルです。

経済同好会新聞 第433号 「肥える詭弁に警鐘」

肥える詭弁に警鐘

肥える詭弁に警鐘

肥える詭弁に警鐘

目くらましが流行する日本

 将来世代のツケがー!というこの言葉。よくよく考えてみれば将来とはいつのことなのか。1秒後に生まれて来た赤ちゃん、1分後、10分後、1日後、1年後や10年後は今を基準にすると全て将来だ。

 

 過去→今→将来(未来)

 

 今を起点にすると、1秒後でも将来であるため実感は湧かないかもしれないが、ここに「将来世代のツケ」の欺瞞が見え隠れしている。1秒前は過去であり、1秒後は未来であることを考えれば、歴史は地続きであることが理解できるだろう。つまり、今を蔑にする者は将来を蔑にするのである。エドマンド・バーク曰く、

 

 祖先を顧みようとしない人々は、子孫のことも考えまい

 

 今さえ良ければそれで自分は安泰だとする者は、将来世代のことは考えていない(考えられない)に等しい。1秒後も将来だと捉えると、将来世代のツケだと言いながら税負担を重くして「今にいる国民」と「将来にいる国民」を同時に蔑にする行為なのである。では、これを解消するにはどのような態度が望ましいのだろうか。それは国家の展望を持つことだ。永続的な国民の社会生活を安定的にさせるという展望、大方針として持たない為政者は偽物だろう。永続的ということは、常に財政政策が必要になるため、綺麗ごとで「国の借金で将来世代のツケがー!」等と寝ぼけたことをいう事はない。
 今さえ耐えれば将来世代のためになる!と思って頑張ってきた国民も、既に何十年と頑張ってきたのではないのか。将来世代のツケという言葉は、政治家にとって都合の良い言葉であるということ。以前も述べているが、これは将来世代を人質に取り、現世代に苛政を敷いていることを正当化できる言葉なのだ。そのため、欺瞞だと言うのである。

 

驚くほど騙される

 国葬儀を手放しで称えているビジネス右翼(偽物保守)を見ていれば分かることがある。彼ら・彼女らの背景にはビジネスがあり、これまで故安倍晋三を持ち上げビジネスにしてきた彼らが安倍晋三を神格化することで、自らの正当性を担保したがっているところだ。
 安倍晋三は生前、統計の改竄、隠蔽や嘘を繰り返しつき、北方領土を明け渡したり、拉致問題も一切進展がなかった。アベノミクスという高橋洋一風味のリフレ政策で経済を悪化させ、雇用は非正規を増やした。このようなダメな政策を高橋洋一等が詭弁で誤魔化し、大衆を扇動してきたことは経済界隈にいる人達はみんな知っている。
 安倍晋三と旧統一教会とつながりがあったことで自民党員からも批判が起き、一般人からは怒りも出ている。それでもビジネス右翼達は知らん顔で安倍を神格化するその様は、旧統一教会を満足させるものだったに違いない。このような保身に走った者達は例外なく詭弁を弄し、常に詭弁を考えて切り抜けねばならなくなる。そうして詭弁が肥え、それを賞賛する庶民という構図が出来上がり、驚くほど騙される。 オルテガ曰く、

 

 今日地球上には、知 識人のマスクをつけたえせ知識人がうようよしている。

 

 我が国には詭弁を弄する愛国者のマスクをつけた偽物がうようよいる。

 

 

 


 

適菜収様
思い出に残る維新の犯罪
思い出に残る「維新のデマと嘘」

mobile.twitter.com

 

 


経済同好会新聞 第432号 「落ちぶれたニッポン」

落ちぶれたニッポン

落ちぶれたニッポン

落ちぶれたニッポン

腐敗は続くよどこまでも

 人は困難に陥った際、悩みから解放されたいと望む。貧困にしろ同じだ。筆者が道徳を説くのは、人が人として生きて行けることを望むからである。そのためには個々人における足元をしっかりさせることも必要であるが、人はロボットではなく十人十色。それだけ人間社会は不確実性の宝庫だと思えば足元がままらない人達には公助が必要であることを理解するにはそれほど難しいことではない。
 昔の人が見聞を広めよと言ったのは、「自分の中にある常識」がいかに役に立たないか、驚くほど色んな人達がいて様々な営みがあることを知り、社会はどうなっているかを理解するためだ。為政者はこれがないと務まらない。
 自助と共助で賄えることには限界があり、公助は人々の社会生活を毀損してはならぬと、補助していくことが求められる。ある知識人と呼ばれる者達がいくら自助について上手いことを言おうと、公助の重要性を説かない言説は危険なのだ。傲慢な者は自分の力だけ何とかなると自分の経験だけで語り、多種多様な人達がいることに理解が及ばないのは、頭の知識だけで見聞に乏しいからだ。あるいは、意図的に大衆を扇動するためにやっている者もいるだろう。
 どのようなものでも基礎があり、この基礎をなくしていきなり応用から入っても失敗する。新自由主義的思想に染まった人というのは、この基礎を超えて新しい発想する人を好む傾向にある。故に、構造改革だとか身を切る改革という言葉に飛びついてしまうのだ。
 他の教育を削って金融を教育に!というふざけたことを言っていた政治家もいたが、このような発想にな ってしまうのは基礎教育と教養が足りないからに他ならない。
 国民生活における道徳や秩序を崩すような言説が見られる者には警戒して然るべきであるし、このような者を知識人だとか評論家だとかと言って持ち上げるメディアは端的に害悪である。

 

~ コラム ~

 旧統一教会と関係を持った政治家は自民党のみならず、他の政党や市議会議員に及ぶ。これらは必ずケジメをつけなければならず、関係を持った者は率先して辞職するなり、それに相当することはやるべきだ。そうでなければ、モラルの低下に政治家が進んで貢献することになる。
 選挙の段になって旧統一教会に頼み、票を得ていたことが明るみになった。ひどくアンフェアだ。政党を維持するために不当な票集めをやるその自制心のなさは、政治家にとって致命的である。これは応援してくれる有権者への裏切り行為であり、人としてのおぞましさが出ている。この者達が罪悪感を覚えないとしたら、有権者はこの者達を一切信用をしてはならぬ。そうまでして彼らが権力を欲するのは、それは弱き人間であるからだ。エーリッヒ・フロム曰く、


 権力欲は強さでなく弱さに根ざしている

 

 権力という後ろ盾を欲するのは、裏を返せば自らの足元が脆弱故だ。庶民には自己責任と言いながら、自分達は権力によ って庇護を受ける状態に身を置く。高慢で高圧的 な麻生太郎等を見ていればよく理解できるというもの。このような者達を支持するなり期待する限り、腐敗は続くよどこまでも。腐敗から脱却すると欲すれば、彼らに引導を渡してやることだ。

 

 


 

ツェリ子様
口先だけ政府

 

経済同好会新聞 第431号 「愚者は赤字を嫌う」

愚者は赤字を嫌う

愚者は赤字を嫌う

愚者は赤字を嫌う

財政赤字以上の収穫を得よ

 人間は赤ちゃんから大人になる過程において、様々な経験をする。いきなり大人になるわけではないことは誰しも理解するところであり、それは供給力である企業や人材に然りだ。無論、ここには人材育成や設備投資が含まれている。ところが、無駄の削減だ!と言いながら育むことをやめ、既に出来上がった製品を求めるようになるとどうなるか。産業の空洞化が起こる。我が国は既にこの状況だ。
 プライマリーバランス黒字化目標をかかげ財政赤字を気にするあまり、「育むこと」を横着してきた我が国は、当然のことながら没落の道を進んだ。現在進行形である。多方面で衰退が見られ、SNSでも当事者達が懸念を表明している。これは今にはじまったことではない。
 人は育みがあって一人前になることを考えれば、企業も公も国家とて同じだ。これは実力が出やすい状況とも言え、経済成長に欠かせない大きな要素だろう。つまり、財政赤字は育むことを永続化することを目標に据えることで、財政赤字は自然税収によって減るだろう。しかし、この数十年のように財政赤字を気にしてばかりいたため、供給力と共に需要も縮んでいった。このような状態で無理矢理に税金の負担を増やしてまでプライマリーバランス黒字化目標を達成させようとすると、当然のことながら更に供給力も需要も縮んでいく。加えて、人口減少も起きるため、移民を増やそうと本末転倒な話になるのだ。
 育みにはお金はかかる。だが、後の収穫が大きくなることを考えると、財政赤字は悪いことではない。これは国家への投資なのだ。

 

イソップ寓話の「北風と太陽」

 量的緩和やマイナス金利政策をやってはいるが、経済はなかなか浮上しない。何が邪魔をしているかと言えば、プライマリーバランス黒字化目標である。なぜか。金融政策で結果が出なければ、やることは財政政策以外にないからだ。財政赤字を気にするあまり財政政策をやらないため、育みは毀損され潜在的な需要も供給も破壊したのである。
 北風と太陽の話で言えば、日本政府は北風ばかりをやっている。これは強制的な徴税を意味する。一方で政府が太陽であればどうか。国民のパフォーマンスが上がるため、税収は自然に増える。いい加減、基本に立ち返ってはどうか。
 プライマリーバランス黒字化目標が目的化すれば、北風政策にもなろう。人間として北風政策をすることに一抹の罪悪感もないのだろうか。強制的徴税で人が苦しんだり耐え忍ぶことに思いを馳せられないほど、我が国の教育水準は低いのか。本当にどうかしている。
 これは経済学や政治以前の話であり、根本的な前提が破綻しているかどうかの極めて当たり前の話なのだ。人は頭デッカチになって初心を忘れてしまうと、純粋さを喪失してしまう。当然のことが当然のこととして見れなくなる恐ろしさがあるのだ。この恐ろしさは国民の生命より財政規律を選択する政治家や財務官僚を見れば分かる通り。

 財政規律で人が死んでいれば世話がない。こうなっても政治家も財務官僚も責任をとるわけではないのだから、一向に人の痛みを感じることはない。間接的なサイコパスを生み出しているとも言え、北風政策は止まることはない。

 庶民の声を直に聞け。歩いて回れ。基礎中の基礎をやってこそ政治だ。

 

 



経済同好会新聞 第430号 「経済は競争より安定」

経済は競争より安定

経済は競争より安定

経済は競争より安定

企業淘汰圧力は雇用を破壊する

 まず、市場競争を是とする者の中で、競争することで品質の向上を見込めるとする者がいる。そして極端な者は企業間競争で競争に負けた企業が倒産するのは当たり前だとする人でなしもいる。企業倒産は雇用を守れなくなる厳然たる事実があり、どういうわけかこれを無視したがるのだ。ひどく頭のおかしい政治家の中には、ゾンビ企業は淘汰等と過激なことを言い、自分の考えを誇示する。政治家のくせに失業を良しとしているのだ。
 政治は国民生活の安定を優先していなければならないはずで、失業者を生むことを容認した上で市場競争や国際競争の強化を是とするのは二重基準である。自民党が資本家の犬だと言われる所以はこれだ。
 基本中の基本である国民生活の安定は土台として捉え、この土台の上に築くように経済がなければ、新自由主義的な価値観の市場競争では土台が破壊されてしまうのだ。昭和の良かった頃の日本というのは、塩梅よく競争していた。つまり、状態としては切磋琢磨できたのである。競争は勝者と敗者が存在するが、切磋琢磨はそのようなものはない。お互いに学び合いながら向上していくのだから。
 国際競争にしろ、自国の企業が外国企業に負けるとなれば、そこで働く人達は職を失う。せっかく培ってきたノウハウも喪失してしまうことを考えれば、非常にもったいない。なぜ保護貿易が必要かというと、このようなことを起きなくするためだ。わざわざ自由貿易にして自国の産業や雇用にダメージを与えることはなく、労働者を低賃金で働かせてまで貿易をすることは本末転倒、支離滅裂、何をかいわんやである。政治家が阿呆で資本家や政商に言われたことをハイハイ聞いていては、国家は簡単に傾くのだ。否、傾いたのである。

 

安定を目指せ

 自民党の茶番劇は見る人が見れば分かるが、毎度のことながら企業に賃上げを要請しておきながら、法人 税は減税するという茶番をやってきた。本当に労働者の賃上げを目指すなら、消費税を廃止して法人税増税してやることだ。法人税については当新聞第344号を参照されたい。これに加え、非正規雇用正規雇用。公に関わるものへ投資によって、完全雇用を達成させることだ。
 国民生活の安定を大前提としたならば、税制は自ずと応能負担の原則に反する消費税は廃止となり、法人税増税で労働者への分配を促すように結論される。社会保障費の負担も生活を脅かしているため、当然のことながら負担を減らす方向に議論される。我が国は管理通貨制度であるため、社会保障費の負担は政府がやれば良い。加えて、自然税収を増やす環境を整えれば、国民は負担を感じずに税金を支払えるようになる。  このように国民生活の安定が先にあり、その上で経済活動が活発になった時にイノベーションは今のような経済の停滞と不況を繰り返す状況の時よりも生まれやすくなるのだ。資本家のいう事を聞いている政治では格差拡大するだけであり、そのツケは必ず誰かが蒙ることになり、将来世代に引き継がれる。
 大前提として競争ではなく、安定であるとするのは、人間の性質を見ていれば自明であろう。まずは生命が担保されていなければ、生活も経済も成り立たたない。競争はこれを無視する。

 

 

 


 


経済同好会新聞 第429号 「展望なき現代は危険」

展望なき現代は危険

展望なき現代は危険

展望なき現代は危険

歯車が狂い続けるワケ

 グローバリズムが賞賛されてきてからというもの、人々は何を大切にし何に向かって生きていけば良いのか理解することがなくなった。そもそも、子供達がそのような教育を受けるわけでもなく、親も教師も理解していないのだ。
 国境を越えた「人・物・金」の急速な動きは、欧州を自殺に追いやった。見た目はヨーロッパ然りとしているが、文化の希薄化や移民が増えたことで「自分達の国」とは思えなくなっている。当然のことながら、異文化同士の衝突も起きる。知識人は移民を慮るあまり、自国民に他国の文化を学ばせ許容させようとする暴挙までやってのける。移民の要求が大きくなれば、自国民が我慢を強いられることは論をまたない。そして文化まで希薄化するだろう。移民の文化が根付いてこれが常識となれば、自国の文化は淘汰されかねず、これは異文化共生の弊害だ。そのような意味では異文化交流は他国の文化を侵害せずに、交流によって学ぶことも楽しむことも可能だ。この違いは非常に大きい。
 現代はインターネットの普及やAIの技術が発達したことにより、スマートフォン等のコンパクトな機器で色々やれることが増えた。大昔の人が見れば、まるで映画の世界だろう。ところが、これは表面上のことであって、実は弊害もでている。むしろ、深刻な弊害と言うべき代物だ。それは何か。冒頭でも述べたが何を大切にして、何に向かって生きて行けば良いのか理解する人がいなくなっていることなのだ。即ち、物事に対する価値観の希薄化と、物事の分別がつけられなくなったことが大きい。これに伴い、秩序とモラルの乱れが深刻化している。グローバル化の弊害とも言えるのだ。

 

弊害は金の亡者を生んだ

 秩序とモラルが崩壊していくに従い、自由と金を欲する者が優位に立つようになる。それは優位に立つ者 の価値観によって人々は動かされることを意味し、搾取の対象となる。グローバル市場で文明の進歩等とい うのは、それら優位に立つ者達の方便であって、実態は富への渇望が彼らを動かしている。そのためには諸外国の政治を動かし、グローバル企業に都合の良いものに制度を変更させるのだ。したがって規制は緩和され、緩和されたことによって国民は弊害を蒙ってきた。我が国の場合は構造改革規制緩和含む)とグローバル化であるが、そうとは知らずに「国の借金」が原因だと思い込まされている。
 このように、資本家のあくなき欲求は労働者を低賃金化することで満たされて行き、ただただ彼らを膨張させていく次第。グローバル市場の行きつく先は、国家の破壊なのだ。見てくれは日本国だが、中身は混迷する秩序によって動く人々のいる国という具合である。
 こうなると、人々の良識、文化や慣習で培ってきた常識というものが見えてこなくなるのだ。これは進歩というより退化である。国家の歯車が狂い続けるのは、人々が迷子になっているからに他ならず、これは明治維新以降の我が国の現象なのだ。肝心なところで目を背け、これからはナントカだーっ!とリセットしてなかったことにする。そうなると地に足が着かなくなり、いつも砂の上に楼閣を築くことばかりでやった気になる。人も国家も育たないのだ。
 国家に展望があればこうはならない。行き当たりばったりではダメだ。

 

 

ツェリ子様
移民問題まとめ

 

 

 

経済同好会新聞 第428号 「責任取らぬ政治家達」

責任取らぬ政治家達

責任取らぬ政治家達

責任取らぬ政治家達

腐敗がもたらした亡国への道のり

 やぁ、みんな!壺ってるかい!嘘つきは自民党のはじまりってね!さっさと自白して楽になればいいのに、人って受けた衝撃は一生忘れないから有耶無耶にしても無駄なのに、まーーーーた、先延ばし作戦で国民が忘れるのを待ってる自民党と維新って卑怯だね!そんなことしても無駄無駄無駄無駄無駄無駄ーーーーーっ!!この期に及んでまだ居座ってる議員共はどうなってるの?責任取るまで信用されないよ?当たり前じゃないか。ピーター・ドラッガー曰く、

 

 プロにとって最大の責任は、2500年前のギリシャの名医、ピポクラテスの誓いの中にはっきり示されている。「知りながら害をなすな」である。

 

 だいたいさ、カルトの韓ナントカって親分は上品ぶってるけど気品の欠片もないぞっ。「こいつは胡散臭い」って見抜いていれば、票欲しさの誘惑に負けることなんてなかったのにね!
 「マザームーン」って言った政治家がいたけどさ、ギャグ漫画さながらのリアクションも凄いよね!!マザームーンってアンタ。矜持も何もかもなくした人間って、ここまで人に媚びへつらえるものなんだってドン引きするね!カルトと関係あるって居直ってる政治家もいるし、お前が問題なくても問題でて生活苦に陥った統一教会信者の二世に思いが至らないってどうかしてるよね。つまり、この政治家、世の中見えてないってことさ。

 

教育と教養

 プラトンがダメなことを指摘してるよ!曰く、

 

 良心的な人々は法律がなくても、責任を持って行動する。一方、そうでない人は法律があっても抜け道を探す。

 

 前者はルールを守ろうとする人達や、このルールを破るとどうなるか理解している人達だね!でも、後者はこれまでの日本を見ていれば一目瞭然!カルト問題、オリンピック疑獄に中抜き(ほぼ全抜きもあるよ!)とかさ、公的機関を民営化して儲けるとかもしてるよ。合法的に労働者から搾取することもしてるし、亡国への道のりは「良心なき者達」によって作られてきたのがこの数十年ってわけさ。
 無論、その良心なき者達を支持してきたビジネス保守、この者達が大衆を扇動してきた事実もあるよね。だからさ、こういう扇動に引っかからないように教養を身につけておくことが大事なんだ。勉強できても教養が身についていないと、コロっと騙されてしまうからね。福田恆存曰く、

 

 教育と教養とは別ものです。教養を身に着けた人間は、知識階級よりも職人や百姓のうちに多く見出される。

 

 これは現実に密着して生活している人達だし、継続性を求められる職種ということもあるよね。百姓は生鮮ものの育み、職人は技術の育み。頭の理解ではなく、身体で理解している人達なんだ。  教養ってさ、本を読めば身に付くものじゃないし、身体を鍛えるのと同じように知性を育む。育みって頭の理解だけじゃないって分かるよね?動いてみて失敗して、見聞を広めてこれを繰り返していくことで身に付き腑に落ちる。そうすることで視野が広がっていくんだ。教養あるなしでどうしても人間性として出るから、そこを見よ!

 

 


 

ツェリ子様
民間部門は2つある

 

経済同好会新聞 第427号 川柳「言わせてくれ!」

川柳「言わせてくれ!」

もう我慢ならぬ!言わせてもらう!

増税しろ
叫ぶあなたの
給与は税

おでん

カルトには
させてくれるな
好き勝手

碇野

彼氏いない😢
これも全ては
安倍のせい😡

パヴォーネ🦚

言わせてくれ

土台無くして

城立たぬ

富嶽

れいわのね
選挙下手を
どうかしろ

Drake

インフレで
虎よりタケシ
苛政かな🙏😡

へなまん🙏😇とりあえず教

フジマキよ
何時になったら
日銀破綻

夢見#経済学は経世済民を実現するための手段

ガス抜きだ
やってる感だ
お前もな

jackman

消費税
政府公認
霊感商法

13日の給料日

廃止しよう
天下の悪税
消費税

勉強好きなあきちゃん

安倍さんに
感謝しろだと?
やなこった

身代わり地蔵

腕時計

知らないうちに

行方不明

チラ

ハイパーで
タクシー初乗り
ピーナッツ

正義【マサヨシ】@経世済民

あらためよ
先進国は
過去のこと

Panatorine

言う前に
ホームレスで
いえないよ

かぁ@戻すよ!

お得意は

カルトの声を

聞く力w

koji hasegawa

ビルトイン

スタビライザー

知ってほすぃ🧡

ツェリ子🐆

為替でも
株価でもなく
人をみろ

jumpingcarp MEGA MAX

政治家
全員交代が
イイんじゃね?

ふかしぎ❓♂🦈

教会に

神頼みじゃなく

票集め

黄昏のタロ

理解はね
合意したこと
ならないよ

マコ(真コ)ちゃん

災害で

ズタズタですよ

農業が

珍守府将軍 藤原之六蔵次郎(アレな人)

票集めの
成れの果てを
目の当たりにする国民😰

政宗

脱炭素
特権階級
丸儲け

家守

いつになる
マスク無しでの
生活は

タカハシ

供給を

喚起したけりゃ

金配れ

メロン

貨幣観
間違い続けて
貧困化

ぐっさん